納期を確定できない理由

製品のお届けが8月になるというのは、過去に何度かお伝えしておりますが
未だに納品の日程をご案内できていないため、不安に思われている方もたくさんいらっしゃると思います。

以前お伝えした、Bluetoothモジュールの納期遅れの他にも様々なトラブルが発生し、まだ納期をお伝えできない状況なのですが、現状について詳しく報告いたします。

メインCPU調達不可による設計変更

インスタコードのメインCPUは、オランダの世界的な半導体メーカー「NXPセミコンダクターズ」の「LPC51」を採用する予定でした。

しかし、設計やプログラムが完成した今年の春、NXPの製品が不足しており年内の調達は不可能という連絡が入りました。

さすがに半年以上納期を遅らせるという判断はせず、より安定して調達できる中国「GigaDevice」のCPUを採用することに決定し、設計の見直しとプログラムの移植を始めました。

既に全ての部品が揃っており、生産ラインも出来ているのですが、新しいCPUでのテストをまだ十分に実施出来ていないため、万が一、さらなる設計の見直しが生じる可能性もあります。

そのため正確な納期はお伝えできない状況なのです。

原因は今年2月のテキサスの寒波

ニュース報道でもよく耳にするキーワードですが、世界的に半導体が不足しています。

その理由の1つに、2月に米国テキサス州で発生した大寒波の影響による大規模停電があります。

テキサスにはNXP、サムスン、infineonといった世界最大手の半導体メーカーの工場があり、それらが相次いで操業停止に追い込まれました。

参考:NXPやInfineonがテキサスの停電で生産を停止(EE TIMES)

インスタコードが採用を予定していたNXP社も大きな被害を受け、ベンダーから突然、5月に入荷予定だった部品は来年の入荷になると連絡が来たんです。

購入したチップがニセモノだった

日経ビジネスのこちらの記事でも紹介されているのですが、5月にはニセモノのCPUを購入するという事件もありました。

LPC51の納期が遅れることが判明し、部品調達を担当するジェネシスのスタッフが世界中のベンダーの在庫を探したところ、ある業者に在庫があることが分かりました。

早速連絡し、4000個のチップを取り寄せたところ、全く動作しないニセモノだったのです。

藤岡社長いわく「いつもならまず買わない業者から購入した」とのことですが、このような事件は世界中で起きているようです。

CPU変更を決定

NXP本社と直接通じるネットワークでも確認したのですが、結局LPC51では年内の生産は不可能だということが決定的になったので、CPUをLPC51からGigaDevice社のGD32に変更し、設計やプログラムを見直すことにしました。

GigaDevice社は、Apple社のAirPods2にチップを供給していることでも有名な中国の新興半導体メーカーです。今回採用したGigaDeviceのGD32について詳しく知りたい方はコチラの記事もご覧ください。

互換チップが次々と生まれる中国、半導体業界の新たな潮流(2)-EETimes Japan

どちらもCoretex-mという共通のコアを使用したCPUですが、元々インスタコードはLPC51が独自に持っている機能も使っていたので、GD32でそれを再現するのは困難を極めます。

例えるなら

日本語で書いた論文を、慣れないドイツ語に翻訳し終えたところで突然「やっぱりフランス語で書いて」と言われ、フランス語の勉強を始める

というイメージ?合ってる?

そんなわけで、エンジニアの宇田さんは、慣れないLPC51のプログラミングを終えた途端、今度は、触ったことのないGigaDeviceのCPUへ移植することになりかなり困っていました。
その後、JENESIS社CTOのスーパーエンジニアO氏や、ミューシグナルのエンジニアH氏の力も借りながら、なんとか納期に間に合うように日夜格闘しているところなんです。

楽しみにしてくださっている皆さん申し訳ありません

インスタコードに期待して既に代金を払ってくださった方は3,000人以上いらっしゃいます。

その中には「納品はいつになりますか?」とか「いつまで待たせるんだ」というメールを送ってこられる方もいらっしゃいます。
1通1通お返事をしながら、お待ちいただいているお客様には申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

万全の体制を整えたはずだったけど

私はインスタコードの開発を始める前に、万全の準備をしてきたつもりでした。

過去にベンチャー企業が起こしたトラブルや失敗事例をとことん調べて、同じ失敗を繰り返さないように、各種の専門家を集めたチームを結成し、細心の注意を払いながら取り組んで参りました。

多くの実績を持つ素晴らしい開発チームのおかげで、このプロジェクトは非常に順調に進んでいました。

しかしこの半導体不足の影響で、自動車メーカーや家電メーカーなどの名だたる大手企業も軒並み苦境に立たされる中、さすがに私だけが順調に行けるわけないなと実感しています。

素晴らしいメンバーに恵まれました

大変な状況に柔軟に対応してくれている、宇田さん、ジェネシスの皆さんには感謝しかありません。

あともう一息で完成しますので、皆さんどうぞ期待してお待ち下さい。