D2Cなのに楽器店でも販売できる


インスタコードは、メーカー直販に絞る「D2C(Direct to Consumer)」で販売します。

ネット通販の購入窓口は、当面 Amazonに絞る計画です。

電話やFAXでの受注窓口も作る予定ですが、店頭販売は行わない予定です。

しかし、実際に触ってみてから購入したいというお客様もいらっしゃいますし、使い方を説明できる人が全国にいないと困ります。

ですから、インスタコードに興味のある楽器店さんには取り扱っていただける仕組みを用意します。

具体的には、

取り扱いが決まったら、まず展示用の在庫を卸価格で購入いただきます。

そして、楽器店ごとに専用のURLをご用意します。

お客様が購入する際は、そのお店の専用URLから購入していただきます。

そのURLは、Amazonの商品ページに接続されるのですが、そこから購入すると、お店に販売マージンが振り込まれる、という仕組みです。

展示品を触って興味を持ったお客様に、QRコードの書かれたカードなどを渡しておけば、帰宅後にネット注文しても、ちゃんとお店にマージンが入る、ということです。

メールやDMでお客様に案内して、そこからネットで購入した場合も、ちゃんとお店にマージンが入ります。

このシステムを構築するためにも、まずはクラウドファンディングを成功させて、量産を実現しなければいけません。

ぜひ応援よろしくお願いします。